So-net無料ブログ作成
検索選択

便利なウエストバッグ [便利グッズ]

P1020180.jpg

今までずっと使っていたベルトに固定する小物バッグがボロボロになってきたので新しくしました。購入の条件としては、iPhone5がはいること、ベルトに留められること。そしてやっと見つけました。バンナイズというバッグメーカーのもの。正式にはパスポートサイズのカスタムキャリングケース。個別のスペースにiPhone5もぴったり、問題なく入ります。出し入れもすごく楽。内側はクッション材で出来ていて、持ち歩いていても安心していられます。
http://www.vannuys.co.jp/
P1020168.jpg

ファスナー付きのスペースは深さと奥行きがあって大容量なので仕切り板を牛乳パックで作ってみました。
IMG_3892.jpg

中身は普段持ち歩く印鑑と小さいボールペン、バンドエードくらいでしょうか。印鑑やボールペンの万が一のインク漏れにも対処出来て良いかも。印鑑が取り出しやすいように切りかけを入れてみました。
IMG_3897.jpg

ついでにお札入れも作りました。
IMG_3894.jpg

使い始めてひと月以上経ちましたが、とても使い心地の良いバッグです。さすが永くバッグを作り続けているメーカーのバッグ。細かいところも手を抜かずに作られているのには感心しました。
P1020156.jpg


小銭入れの仕切り板 [便利グッズ]

IMG_3709.jpg

皆さんはスーパーなどで買い物をして細かいお金で支払う時、時間がかかって冷や汗をかいた経験はありませんか? 私はしょっちゅうです。その原因は勿論お財布内に小銭がランダムにばらばらに入っているからですね。整理の基本は仕分けです。 仕分けをするにはやはり仕切り板が必要なんです。
ということで、 そのお財布(開くと箱になるタイプのもの)用に仕切り板を作ってみました。用意する物はハサミ、カッター、定規、マスキングテープ(お好きな柄、2種類)、牛乳パック、以上。
IMG_3656.jpg

まず牛乳パックを開きます。
IMG_3658.jpg

中央の平らな奇麗なところからパーツを切り出します。土台の部分は財布の内寸より少し小さめの65mm×70mm、仕切りの部分は20mm×85mm、たて半分に折って両脇を斜めにカットします。
IMG_3677.jpg

片方の中心に切り込みを入れます。
IMG_3681.jpg

これでクロスできました。
IMG_3683.jpg

クロスした中央をマスキングテープで止めます。
IMG_3687.jpg

土台に固定してゆきます。
IMG_3689.jpg

定規を使ってテープが浮かない様に貼ってゆきます。
IMG_3690.jpg

最後にクロスしたバッテンの頂点にも貼ります。
IMG_3694.jpg

これで仕切り板、完成です!
IMG_3695.jpg

裏側はこんな感じです。
IMG_3700.jpg

お財布に入れてみました。つくりは雑ですが、なかなか良さそう。
IMG_3702.jpg

早速、小銭をいれてみました。
IMG_3704.jpg

ふたを閉じて、このままズボンのポケットに入れて持ち歩いても小銭が混じり合うことはありませんでした。勿論お札は入らないので別に持たなくてはなりませんが、端数も瞬時に拾い上げることができるのでおつりを貰う機会が減りました。溜まる一方の小銭の有効活用には最適です。是非お試しを。
IMG_3708.jpg




マスキングテープはすごい [クラフト]

IMG_3097.jpg

最近、クラフト界で大変人気なのが、カラフルに印刷されたマスキングテープです。マスキングテープは元々建築現場などで塗装をする際、塗料が掛からない様に養生する時に使用するテープでした。本来の役目を終えると、すぐに剥がされてゴミ箱行きの運命ですが、今大人気のマスキングテープは、裏方から表舞台に一挙に跳び出した感じです。  試しに貼ってみました。ペン立てとかキーボードに。
IMG_3112.jpg

IMG_3114.jpg

少し目先の変わったところで、ギターのピックガードも貼ってみました。古いピックガードを剥がした後に。
IMG_3130.jpg

適当に並べて貼ってみました。いっそのことギター全体をデコレーションしても面白いかも。
IMG_3154.jpg

自転車と歩行者の住み分け [自転車]

IMG_2931.jpg

この時期、まだまだ寒いんですけど、昨日は用事があって多摩川CRを少し自転車で走りました。風もなく、日も穏やかで、格好の自転車日和。しばらく走ってると、いつもと様子が少し違うんです。とてもスムーズで走りやすいのです。路面をよく見てみると、何カ所かにレーンの表示が書かれていました。自転車は内側で左側通行、歩行者は外側で右側通行と4レーンに分かれていました。これは、良いアイデアです。確かにこの表示が書かれている近辺はとても走りやすかったです。歩行者もちゃんとレーンを守って歩いてくれてるし、これなら自転車と歩行者の接触事故はかなり防げるのではないかと思いました。
IMG_2914.jpg



7mmピック(積層) [ピック作り]

IMG_2817.jpg

板厚の厚いピックの制作で5mmの板をニッパーで折るのでさえ一苦労です。5mm以上となるともう手作業では、ほとんど無理でしょうね。そこで考えたのが薄い板を何枚か、はり合わせて作るという方法。これなら、10mm以上のピックだって夢ではないです。試しに7mmピックを作ってみます。ちょうど作業途中のものを利用して真ん中に透明3mm、両脇を2mm板でサンドして7mmピックにします。
IMG_2849.jpg

はり合わせる前に両脇の2mm板をあらかじめ奇麗に整形しておきます。
IMG_2851.jpg

接着にはアクリル板専用接着剤を使います。接着剤というよりもアクリルを溶かす溶剤の様な物です。瞬間接着剤ではアクリル板は着かないそうです。
IMG_2842.jpg

試しに端切れでやってみました。固着が結構速いです。片側づつゆっくり貼った方が良さそうです。はり合わせた面は透明度はまあまあですけど細かい気泡が少し入っています。
IMG_2846.jpg

いよいよ貼ってみます。接着剤の量も少なめで良いでしょう。ぎゅっと押すと全体に接着剤が広がります。固着は大体10秒くらいです。それまでに位置を決めて圧着します。これが難しい。やはり細かい気泡が入っています。
IMG_2854.jpg

はり合わせた段差を整形しました。
IMG_2859.jpg

刃を付けます。180番で60往復づつ削りました。
IMG_2866.jpg

600番、2000番で仕上げました。
IMG_2881.jpg

コンパウンドで磨きました。
IMG_2887.jpg

完成しました! 7mmピック。磨いたらけっこうキラキラしてきれいなんだけど、真ん中に挟んだ透明3mm板が両脇の色の板と同化して、ちょっと予想外でした。
IMG_2894.jpg

端切れで五角形ピック [ピック作り]

IMG_2039.jpg

板の端切れが溜まってきたので、これで五角形のピックを作ろうと思います。前にも五角形、端切れで作っていますけど、あれはたしか刃先の部分は三角定規をあてがってけがきしたのだと思います。今回は、ちょっと考えて、直接P.Gピックをあてがってけがきしてみたらどうか、ということで作ってみました。まず、P.Gピックを中心に置いてけがきします。
IMG_2658.jpg

けがきはこの刃先の部分だけなので楽です。
IMG_2665.jpg

ニッパーで折りました。
IMG_2667.jpg

180番、320番で荒削りしました。ついでに面取りもしておきます。
IMG_2671.jpg

刃付けは180番で10往復づつ削ったあと、600番、2000番で全体を仕上げました。
IMG_2680.jpg

コンパウンドで磨きます。
IMG_2741.jpg

新しい方法で作った、端切れ五角形ピック完成しました!
IMG_2747.jpg



ピック作り(淡いピンク色) [ピック作り]

IMG_2620.jpg

アートマンで淡いピンク色の板を見つけたので、それでピックを作ってみました。板の状態ではかなり色が薄い感じに見えたけど、ピックにしてみると色合いがちょうど良く、以前作った蛍光ピンクのより、どぎつくなく見映えが良いようです。
IMG_1847.jpg

いつもの様に作業しました。
IMG_1863.jpg

IMG_1868.jpg

IMG_1937.jpg

IMG_1940.jpg

淡いピンク色のピック完成しました!
IMG_2634.jpg



新年 [iPhone 5]

IMG_2578.jpg

皆さん、あけましておめでとうございます。 今年もアイデア溢れるピックを作っていこうと思います。
よろしくお願いいたします。

iPhone 5 [iPhone 5]

P1010905.jpg

iPhoneをiPhone 5に買い替えました。A6チップによる、LTE接続がめっぽう速いというのと、今なら即持ち帰れるということで即決。4sに比べて30g軽くなったということですが、お店で2つを両方の手に持って比べてみてもそんなに重さは違わない様に思えたのですが、帰り際にiPhone 5を渡され左手に持っていつもの様に操作してみるとすごく軽い!単独で持って見ると軽さが際立ちます。iPhone 4sはお店で引き取ってもらえるものと思っていたら、『これはお客様ご自身で宅急便に出していただきます。』だって。初期化済みの本体だけを専用の袋に入れて送れば良いらしい。箱とか、付属品もちゃんと持って行ったのに拍子抜けです。 LTE接続のほうは、この電波のある所だったらすごく速い。特にWebの表示がほとんど瞬間的です。
IMG_2318.jpg

せっかく箱が残ったので二つ並べてみました。そこで、はたと気がついたのが箱上面に印刷してあるiPhoneの画像です。iPhone 4sの方はこれだけ見るとなんでこんな中途半端な切り方をしているんだろうと思っていたのですが、並べてみて分かりました。半分に切ってかなり大写しにして、マナーモードの形が大きくなったのが分かる様に、方やiPhone 5の方は、普通ではあり得ない低いアングルでiPhone 5の薄さを強調して、長さもこんなに長くなりましたよ、と製品の特徴を端的に表現しています。前機種のオーナーだったら変わった所がすぐに分かる、シンプルで分かりやすいデザインです。こんな所にもアップルのこだわりが感じられます。
IMG_2286.jpg

光のシャワー [iPhone 4s]

IMG_2223.jpg

iPhone 4sでいつもの様にコスモスを写していたら、その場のプレヴューでは気がつかず、Macに取り込んで見直してみると、逆光ぎみの画面の中に太陽の光が筋の様に映っていました。まるで花が光のシャワーを浴びて喜んでいる様にも見えます。良く検証してみると、撮影時間は午前10時頃、南向き、バックが暗い草むらの様な所、そして少し後ろが隣のお宅の壁。勿論手前になにか撮りたい対象物があること。こんな場面てなかなかないですよね。iPhoneは少し下向きでバックの草むらあたりを目がけて撮っています。これからはこの様な場所を探して歩くのも楽しいかも。上の写真は、プロカメラというアプリのエフェクト機能を使って、その光を強調してみました。下の写真がオリジナルです。
IMG_2023.jpg

プロカメラにはいろいろなエフェクトが用意されていて面白いので、他にもいくつか現像してみました。
IMG_2224.jpg

IMG_2225.jpg

IMG_2226.jpg

IMG_2227.jpg


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。